老後を一緒に過ごす相手 



大川原峡近くの滝



この前の桐原の滝から近い所にこの滝はあるのだけど
どうやら名前が付いていないらしい。

この滝への案内もまったく無いし
ひじょうに分かりづらい場所に存在している。

夫が適当に訳の分からない細い道をずんずん突き進んで行かなかったら
この滝に行き当たらなかったので
夫の、時として無謀な行動力も役に立つものだ。


夫とのドライブ中に話す内容と言えば

夫の仕事の過去の栄光であったり
夫の仕事の過去の失敗であったり
娘婿に対する夫の不満であったり
ニュースネタであったり
現在の仕事の様子
子供達の行く末

いろいろ話は尽きないけれど

私が熱く語る話は、結構な頻度で
いい感じに無視されることも多い。

話しかけるとぜんぜん関係ない話が振られるので
たぶん私の話は半分くらい聞いてないのだろう。


もちろんムッとしますけど
それでも夫とのドライブは好きです。


考えてみたのですけど
夫はあまりストレスを溜め込む性分ではないので
私をストレスのはけ口にすることがないってことも関係あるような気がします。

ストレスを溜め易かった父のはけ口が母へ向かっていた様子を
いつも見ておりましたからね。


妻をストレスのはけ口にするような夫と一緒だと
かなりキツイものがあるでしょう、と思います。

その点、私は恵まれていますね。


あぁ!
だから年金が無い夫でも
貯金が無い夫でも     (←これは私のせいでもありますが)

大切な存在と思えるのですね。


妻のこんな感情は
普段の生活の中で
きっと夫に伝わっているでしょう。

夫の態度からも伝わってくるので・・・



相乗効果をもたらして私達夫婦は何とかうまくやれている。




のろけではありません。
そこまで私達は仲良し夫婦というわけではないと思っていますし・・


でも老後を一緒に過ごすには、
まずまずの相手だと思います。


大事なことだと思います。





 応援クリック頂けたら嬉しいです。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ    
..........................................................................

スポンサードリンク
 


Posted on 2016/11/14 Mon. 01:52 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2018-05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31